Shindoi (A Japanese word which means 'Its a tough job' )

19 x 24,9 cm
ball-point pen, colored pencil on paper
2015



 
「しんどい」という日本語をリサ・ミルロイから教わった。彼女は、ライクスアカデミーのアドバイザーだった。
オランダに来てはじめの2年間、私はライクスアカデミーにいた間に来た仕事は何でも引き受けた。刺激的な環境の中で、どんなものが作れるか知りたい気持ちでいつも仕事していた。
でもいつもスケジュールがはいっていることと、なにか作らなければと思うことで何か余計なことをしたり、アイデアをあたためたり放っておいたりする余裕が なくなった。それとも、ありあまる与えられた時間とお金をどうしていいか分からず余計なことばかりしていたのかもしれない。考えてばかりいたのかもしれな い。
そして描くことがこわくなっていた。私は疲れていた。日本語の単語をいくつか知るリサが「そういうの、シンドイっていうのよ!」って教えてくれた。その言葉にびっくりしてリサの顔をじっとみていたように思う。笑顔だった。

「しんどい」という単語は知っていたけれど、私には新しく教わった日本語のように感じた。
そのときの言葉を10年が経って描いてみようと思った。

I learned the Japanese word 'Shindoi' ('Its a tough job') from Lisa Milroy. She was an advisor of Rijksakademie at that moment. So we could talk sometimes in my studio.  She is a fabulous painter and a popular adviser. And she knew some Japanese words.
During the two years of Rijksakademie, I worked so hard to know what I could make. I kept on working and working but I wasn't relaxed for doing something playful or doing nothing. Or maybe I didn't take handle good with plenty of time and badgets that I got. Anyway I was not calm to look at what I made. In the end I found that I was feeling fear to make my paintings. I was tired.
At her last studio visit with me, Lisa said, "That is 'Shindoi'." with smile gently.

I knew the word 'Shindoi', but I feel like I have learned this Japanese word newly.
And 10 years long after, I could draw this word.